ツゲイン

エフペシア

エフペシア

 

エフペシア

 

エフペシア

 

プロペシアのジェネリック医薬品となります。

 

フィンペシアと比べてもだいたい値段的には同じ価格になります。

 

こちらの薬には、キノンイエローが使用されていません。

 

プロペシア関連の薬では、今は、フィンペシアとエフぺシアが一番人気の商品となっています。

 

やはり、プロペシアを比べると価格差が大きいですので、みなさんジェネリックに移行するようです。

 

服用方法

 

男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与します。なお、必要に応じて適宜増量できるますが、1日1mgを上限とします。

 

プロペシア3ケ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ケ月の連日投与が必要とされています。また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。なお、増量による効果の増強は、確認されておりませんので上限以上の服用は行わないで下さい。プロペシアを6ケ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には服用を中止して下さい。

 

なお、症状の程度によって、服用する量や期間が決まります。服用は必ず医師の指導のもとで行って下さい。

 
ツゲイン

ホーム RSS購読 サイトマップ